【個人再生後】個人再生から自己破産は可能?!

【個人再生後】個人再生から自己破産は可能?!

個人再生後の自己破産

多重債務に陥り借金まみれでもうどうにもできない。
そんなとき借金を返済する方法には幾つかありますが個人再生、自己破産といった方法があります。
似ているようですが違いがあります。個人再生をしたのにもかかわらず自己破産をしなければならなくなったという場合もありますので注意が必要です。
では個人再生と自己破産の違いはどのような物でしょうか。

 

個人再生と自己破産

個人再生とは民事再生とも呼ばれ、自己破産と大きく異なる点として住宅を残して債務整理ができます。
住宅ローンは減額されませんが、その他の借金は住宅ローン特則という手続きにより減額されます。
住宅ローン特即というのは住宅ローンを返済し続ける為のその他の借金への減額措置です。そして3年間で払っていくようスケージュールを組みます。
借金は減額されますが債務が0にはなりません。しかし住宅という資産は残る、という点が自己破産と大きく異なる点です。
自己破産では特定の職業に従事している場合、資格の制限により職を失う場合があります。個人再生では職業に制限はありません。ちなみに借金の理由は問われません。

 

個人再生後の自己破産での注意点

ただ、注意する点があります。
住宅ローンは減額されずに残り、支払いも滞り無く返済しなければならないという点です。
条件として、住宅ローン以外の債務が5000万円以下で、継続的に収入がある、といったものがあります。
そのため、住宅ローンが払い続けれなければ、やはり個人再生をしたにもかかわらず自己破産をしなければいけないといった状況が生まれるので注意が必要です。
また、自己破産と同じくブラックリストに載り、その後の借金は出来なくなります。

1番賢い方法は?

弁護士事務所運営の解決実績15,000件のツールです。
匿名・無料で借金解決診断!!

⇒無料シミュレーターはこちらから

優秀な弁護士事務所の選び方
初期費用は¥0!
相談は無料で出来る
熱心な借金専門弁護士がいる

お急ぎの方、お悩みの方

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ